首イボを自分で治すことは可能?

一度できてしまったら厄介な首イボ。自分自身期になるのはもちろん、目立つ箇所にできてしまうとファッションも制限されてしまいますよね。そんな首イボですが、自分で治すことは可能なのでしょうか?

ウィルス性イボ、老人性イボで治し方が違う

結論からいえば、半分可能で半分不可能です。首イボには二種類あり、一つはウィルスによる首イボ、もう一つは加齢による首イボなんです。
首イボといえばお爺さんお婆さんにできる印象を持たれがちなので、加齢による首イボ以外は意外かもしれませんね。

実際、厄介なのはウィルス性の首イボで、こちらは自分で治すのは少々厳しいのです。

ウィルスを根絶しないと一旦切除しても再発生しかねませんし、薬も期待できません。
ハサミで無理に切除してもハサミの雑菌が傷跡に入ってきたらさらに酷い状態に・・・。

ウィルス性だと判断したら大人しく皮膚科のお世話になることが一番でしょうね。
レーザー治療ならそれほど痛みもありませんよ。

加齢による首イボ、すなわち老人性の首イボは市販薬を使った治療法も十分可能です。

老人性イボの場合はお肌の調子を整えよう

加齢による首イボは肌のターンオーバーの乱れや老廃物の蓄積など、お肌の調子を取り戻せば改善することも多いんです。

ここさえ改善してしまえば、自力回復も夢ではありませんし、肌のキメを取り戻せるという副産物まで付いてきますよ。
そのため多くの首イボケア商品にはヨクイニンなどターンオーバーを促す成分が配合されています。
じわじわと治療していくので即効性はありませんが、皮膚科のお世話にならず自力で治療したい方には一番の方法でしょう。

ただし注意点として首はデリケートな箇所なので薬によっては使用できない可能性もあります。
きちんと取扱説明欄をチェックして、首イボにも使えるのかを確認してみてください。

また、しばらく使い続ける必要があるためコストパフォーマンスも大切。
ネット通販でコストパフォーマンスの良い製品を探して、じっくりと使い続けてくださいね。