ウィルス性のイボは放置すると大変!急いで治療を受けましょう!

首からデコルテにかけて出来るイボにウィルス性と老人性の2種類がある事は知っていますか?
老人性は見た目を気にしなければ放置するのも自由ですけど、ウィルス性はそのままにしておくと大変なのですぐに治療を受ける必要があるんです!
自分で薬を塗ったり飲んだりしても治らないので、ちゃんとお医者さんの治療を受けに行きましょう。

ウィルス性イボの特徴

ウィルス性と老人性のイボを見た目だけで判断するのは難しいです。
ヒトパピローマウイルスという菌が原因なので、診察を受けて菌に感染しているか調べる必要があります。
「気になるから潰しちゃえ!」で本当に潰してしまうと感染が他の場所にも広がってしまう可能性があるので、絶対にやめましょう。

ウィルス性イボの診察・治療ができるのはココ!

ウィルス性イボの治療を受けられるのは皮膚科か美容クリニックのどちらかが基本です。
どちらで治療を受けるにしてもメリットとデメリットがあるんで、自分の希望にあった場所を見つけないと後悔する事に・・・。
ただどこで治療を受けるにしても他人にうつる可能性のあるイボなんで、早く決めて早く治療を開始しないと外出にも気を使う事になっちゃいますから、迷わないように特徴を比べてみましょう。

皮膚科の特徴

・保険適用で治療費が安い
・液体窒素を使って切り取る方法が一般的
・何回か通院する必要アリ

一番の特徴は保険が使えることですね。
誰だって安く済むなら安く済ませたいと思うのは自然だし、何回か通院する必要があるならなおさらです。
イボの数や大きさによっても通院回数は変わりますが、初診料と合わせても一回の治療費は1000円以下でOKなことがほとんどなので、お財布には優しいです。

ただ液体窒素を使って直接切り取るんで、人によってはかなり痛みを感じます。
それに医師の腕が悪いとイボは取れても汚く痕が残ってしまったり・・・リスクがあるのは怖いところです。
皮膚科ならわりと近所でも簡単に見つかりますけど、「近いからここでいいや」と適当に決めないできちんと評判を調べてから行った方が無難ですね。

美容クリニックの特徴

・自由診療なので治療費が高くなりがち
・レーザー治療が一般的
・一度の治療で完結!

基本的にレーザー治療が保険の適用外で、イボを取るのも一つ〇〇円という計算をする事が多いので治療費が高額になりがちです。
そのかわりレーザーで痕の残らないよう綺麗に治療してくれるんで、費用とどっちを取るかですね。
ちなみに皮膚科と比べて一回の治療で全部のイボを取りきる感じになるんで、トータルで考えると意外と保険適用と差が出来なかったっていうパターンもあります。

美容クリニックはどこにでもあるタイプの病院とは違うので、近くに皮膚科があるならとりあえず診察だけは皮膚科で受けて、治療は美容クリニックという方法もアリです。
特に女性にとって綺麗な首元はこだわりたい部分だと思うので、痕の残らない治療というのは重要視したいところですよね。

どちらで治療を受けるのがベスト?

それぞれにメリットとデメリットがあるんで、一方をオススメって事はないですが、ウイルス性イボは確実に根治しないといけません!
うつる可能性があるので、家族と同居してるならお風呂の順番にまで気を使うのは面倒ですからね。
どうしようかと悩んでいても治る事はないので、まずは診察を受けてウイルス性か老人性かをはっきりさせて治療を受けましょう。